第2 回 分離肺換気Arndt 気管支ブロッカーハンズオン

近年の胸部外科、心臓外科、食道外科手術の発展により分離肺換気の機会が増えています。現在、分離肺換気にはダブルルーメンチューブ(DLT) が主に用いられていますが、症例により、気管支ブロッカーの利点が、DLT を上回ります。『慣れ、不慣れ』ではなく、長所と短所を理解した上で分離肺換気のデバイスの選択をすることが求められます。本ワークショップではデモ人形等を使用してArndt 気管支ブロッカーを用いた分離肺換気の手技を習得していただきます。

プログラム

第1 部 レクチャー

Cook Arndt ブロッカーバルーンを使用した分離肺換気

座長
澤村 成史 先生
帝京大学医学部 麻酔科講座 主任教授

講師
吉村 達也 先生
新百合ヶ丘総合病院 麻酔科 科長

第2 部 ハンズオンワークショップ

実際にデモ人形と気管支鏡を使用して、Arndt 気管支ブロッカーを正確な位置に留置する手技を体験していただきます。

第3 部 まとめと質疑応答

対象者 麻酔科医
参加費 無料
場所 カールストルツ・エンドスコピー・ジャパン株式会社オフィス
日時 2013 年4 月17日( 水 )18:30 ~ 20:30
申込方法
(定員制)
下記申込みボタンから、お申込みください。
なお定員になり次第、締め切らせていただきます。
ハンズオンの詳細はこちらからダウンロードできます。

Register Here

カールストルツ・エンドスコピー・ジャパン株式会社
KARL STORZ ENDOSCOPY JAPAN K.K.

〒102-0071 東京都千代田区富士見2 丁目7 番2 号 ステージビルディング8 階

電話番号:03-6380-8622(代表)  FAX番号:03-6380-8633(代表)

【交通のご案内】

JR中央・総武線「飯田橋」駅 西口より徒歩2 分

東京メトロ東西線・有楽町線・南北線/都営地下鉄大江戸線「飯田橋」駅 A 4 出口より徒歩2 分

アクセスマツプ | 交通アクセス

ハンズオンセミナー風景
<ハンズオンは、デモ人形等を使用して行います。>

お問い合わせCook Japan 株式会社 クリティカルケア事業部 担当/ 西塚

Tel: 080-6526-3683 E-mail: nobuhito.nishizuka@cookmedical.com

共催:カールストルツ・エンドスコピー・ジャパン株式会社/ Cook Japan 株式会社

お申し込み

* は必須入力項目です。

*
*
御施設名 *
診療科 *
役職
e-mail *
電話番号 *
携帯番号
ご要望・ご質問 ?